敷きパッド 夏

敷きパッド 夏

敷きパッド 夏

このページは「ぐっすり眠る為の3ヶ条 」の情報コンテンツです。
敷きパッド 夏 > ぐっすり眠る為の3ヶ条

豆知識

ぐっすり眠る為の3ヶ条

アナタは毎日、ちゃんと眠れていますか?8時間は寝ないとダメだという人や4時間ほどでもぐっすり眠れたという人も、人によって「眠れた」と感じる睡眠時間は違っていますが、睡眠に入るまでの時間が長くてなかなか眠れなければ、あまり寝たように感じないことはありませんか?

もしかすると、それはアナタの生活環境が影響しているのかもしれません。少しでも身体が睡眠に入りやすいようにするための3ヶ条をご紹介しましょう!

寝る前は部屋を暗く

夕食を済ませて、お風呂に入って後は寝るだけ。そんな睡眠前の時間はどのように過ごしていますか?テレビを見ている、パソコンをしている、ゲームをしている。人によって時間の過ごし方はさまざまありますが、すっと睡眠に入るためには光の刺激は出来るだけ少ない方が眠りやすくなります。

睡眠に入るために脳内では「メラトニン」というホルモンが分泌されます。このメラトニンは夜寝る前に量が増えるのですが、眼から入る光の量が多いとあまり分泌されません。そのため、おやすみ前は部屋の照明を暗くしてテレビなど光の刺激が強いものは避けると、メラトニンが分泌されて眠りやすくなると言われているのです。

必要以上に暖かくしすぎない

子どもって眠たくなったら手足が暖かくなりますね。人によってはそれを「身体を温めると眠りやすい」と勘違いする方もいるようですが、実は逆なんです。私たちが眠る時、体温を下げて脳などの働きを抑えてやることで身体は休もうとします。そのため、熱を放出しやすい手足に血液が集まって体温を下げようとしているのですね。

手足の末端が冷え性の人は身体の中心に血液が集まってしまい身体の熱が放出しずらいために眠りにくいようですが、一旦眠ることができると身体を休めるために温めすぎてはいけないのです。電気毛布や暖房が強すぎると体温が暖かいままで眠りが浅く身体が休まりません。

冬の寒い時はもちろん暖かくしておかなければ寝れないので、ある程度の暖かさは必要ですが、必要以上に暖かくしていないか今一度確認してみましょう。

必ず朝日を浴びる

規則正しい生活は身体のリズムを作るだけではなく、朝起きた時の朝日を浴びるという行為の重要性ももっています。寝る前にお部屋を暗くするお話でもでたメラトニンですが、朝に近づくと分泌が少なくなり起床を促します。このメラトニン、朝日を浴びてから15時間ほどしなければ分泌されないホルモンのため、「朝日を浴びる」ことは夜寝るための準備として重要なのですね。

厳選

[ サイズ別で探すならコチラ ]
アウトラストはシングルからキングサイズまで在庫有り!!

シングル クール布団

シングル クール布団

セミダブル クール布団

セミダブル クール布団

ダブル クール布団

ダブル クール布団

クイーンサイズ クール布団

クイーンサイズ クール布団

キングサイズ クール布団

キングサイズ クール布団

 
敷きパッド 夏 激安通販