敷きパッド夏 アウトラスト

暑い夜に寝付きやすくする方法

氷水

夏布団をより涼しくするには

寝る前に、アイスクリームや氷水のような冷たいもの
ガバっと食べるとかなり体内から涼しくなってくれます!
体には悪いかもしれませんが、体内から冷やされるだけで
1時間ほど涼しく過ごせるんです。試してみると分かるのですが
暑すぎてなかなか寝付けないときには、この方法が役立ちます。

冷たいコップを手で握って、手足の温度を1度下げる

冷たいものを握って、まずは手足だけでも温度を下げると
かなり眠りに落ちやすくなります。夏はこの方法が活用できます。
濡れタオルでも代用できますが、素早く冷やしたいなら
氷入りのコップを握るのが良いですね。手足の温度が1度下がることで
人は眠りにつきやすくなるのだと聞いたことが有ります。

クーラーをつけっぱなしにしつつ涼んでいる事例

ちなみにうちでは夏はクーラーをつけっぱなしにします。
部屋にいて、寝ているとき以外はほとんどつけたままです。
以前は古い作りの家に住んでいたのですが、
引っ越す前の私の部屋にはクーラーがなく、夏でも扇風機のみで暮らしていました。
風通しも良く、特段クーラーは必要とは思っていませんでした。

引っ越した後は、部屋も狭く、壁紙で覆われ風通しも良くない部屋で、
熱気や湿度がこもりかなり暑くなるため、最初はやむなしと思い使っていたのですが、
最近ではその環境に慣れてしまいそ、ごくごく普通につけるようになりました。

涼しく過ごすためにしていることと言いますか用意している物は、
アイスクリームなどの冷たいもの、扇子やうちわ、緑のカーテンといったところです。

アイスクリームやジュースなどの冷たいものはお腹を壊さない程度に飲み食いしています。
先ほども書きましたが、寝ているときはクーラーを消しているので、
これらを少し食べて体を冷やして寝ています。

扇子やうちわは、クーラーをつけていると言いましても、
電気代のことも考えものすごく温度を下げているわけではないので、
これらが無いと少々厳しいですね。

特に扇子は折りたためるから、持ち運びに便利なので重宝しています。
緑のカーテンは引っ越す前から親がやっており、
引っ越した後、それを真似して始めました。

気持ちの問題なのか実際に効果があるのかはわかりませんが、
なんとなく涼しくは感じます。

最後に電気代ですが、先ほど気にしていると書きましたが、
実際に支払っているのは親なので、詳しい金額は分かりませんが
少しは節約に役立ってくれていると思います。